観音寺トップへ

茨城県潮来市
真言宗豊山派 瑠璃光山
観音寺

文字サイズ 標準拡大

DATE

おはようございます!

まだまだ時折寒くなったり、はたまた日中は汗ばんだり。

この時候の過ごし方は少し難しいですね。お風邪等めされてないでしょうか?

 

さて、先日26日、ぼく(副住職)はといいますと、茨城県の北端・高萩市の豊山派寺院、大高寺さんのほうで、茨城県仏教青年会主催の震災慰霊法要に参加してまいりました!

大高寺さんにおじゃまする事、といいますか高萩の地に赴くのも初めてのことで。大変のどかで牧歌的な風景に恵まれた素敵な場所でしたが、やはり地理的には残念ながら、昨年の大震災による津波や放射能の影響を少なからず被ってしまった土地です。今回の慰霊法要は、この北茨城での尊い5名の犠牲者を含め、被災に遭われたすべての皆さんに仏法を回向するべく開催された一大行事で、県内中から気力と信心に溢れる僧侶が、この大高寺さんに結集しました。

写真でも少し御分かりになるかもしれませんが、ここ大高寺さんの別院には、ミャンマーやタイのそれと同様な、大変立派なパゴダがあるんです。パゴダとは、元来はお釈迦様の遺骨を分納してアジア各地に建てられた仏舎利塔であり、また後世は遺骨の代わりに経を納められたりしている、まさに信仰のシンボルです。

この大高寺さんのパゴダは、タイはバンコクのワットサケット師から寄贈された、由緒あるものなのだそうです。

法要当日も、沢山の壇信徒のみなさんが思い思いにご焼香やご祈念を捧げておられました。ぼくも並々ならぬ思いで、手を合わせて参りましたよ。

是非お近くを御通りの際は、大高寺さんにも足を運ばれてみてはいかがでしょうか。