観音寺トップへ

茨城県潮来市
真言宗豊山派 瑠璃光山
観音寺

文字サイズ 標準拡大

DATE

 

6月15日はお大師様のお生まれになった日です。

昨年に引き続き、行方市白浜の成光寺において、宗祖弘法大師のお誕生会「青葉祭」としまして、護摩供法要とお食事会(バーベキュー等)を催します。

どうぞふるってご参加ください。

また、今年は太鼓のコンサートも無料開催する予定です。お楽しみに!

 

日時:6月15日

午前11時:成光寺虚空蔵堂にて護摩供

正午ころ:本堂および境内にて昼食

参加費:無料

 

護摩にご参列いただいた方にはお大師様のお守りをお授けいたします。

御食事は用意に限りがありますので、なくなり次第終了とさせていただきますので、どうぞお早めにいらしてください。

バーベキュー各種、一品料理、お飲物等をご用意しております。

 

皆様にとって、お大師様の御教えに改めて感謝の気持ちを向ける一日になれば幸いです。お待ちしております。

 

住職 合掌

 

DATE

1月13日(日) 午前10時より、成光寺虚空蔵堂にて、取り子祈願及び諸願祈願の護摩供を行います。

取り子は、知恵を司る虚空蔵様にお子さんをお預けして、そのお力の恩恵を授かる、古来よりの小児むけ祈願です。村松尊さんなど、虚空蔵様をおまつりするお寺ではどこでも行われる護摩供養ですね。13歳以下のお子様がいらっしゃれば、ぜひ御祈祷ください。

並びに、身体健全・家内安全・商売繁盛・合格祈願などの諸願に関しても同時に御祈祷いたします。

お申し込みは、直接のお電話、また当サイトへのお問い合わせでも承ります。

護摩札は祈願者一名様に付き2000円になります。

また、当日はご祈祷後、取り子祈願の方には御食事をご用意しています。

DATE

あけましておめでとうございます。本年も観音寺をよろしくお願い申し上げます。

皆様にとって飛躍の午年になりますようにご祈念しまして、元旦早朝より薬師護摩を修しました。お寒いなかご参加くださった皆様、ありがとうございました。朝の空気が凍てついて澄み、朝日も射して護摩の煙が白く映える中、我々の心も真っ白に心機一転できたような気がしております。

この日のこの空間だけの、特別な時間です。

もちろん、全国の壇信徒の皆様、そして日本中の諸精霊にむけてご回向いたしました。

皆様の本年のご活躍、ご健康をお祈りしております。

DATE

当山薬師堂において、お薬師様の御縁日護摩を執り行います。

8:00より始めさせて頂きます。ご観覧、ご祈祷をご希望の方は、当日ご自由にご来山ください。

当サイトのメールフォーム、もしくはお電話にてお知らせくださっても結構です。

 

合掌

副住職

 

瑠璃光山 観音寺

0299-64-6321

DATE

「四月一日」というと、世間では新年度の幕開け(正確には2日からですね)、それにエイプリルフール、などのイメージがあります。

しかし日本の歴史上、我々が忘れてはならない大きな出来事の日でもありました。

それが太平洋戦争における沖縄戦の開始日です。1945年の四月一日、太平洋を征したアメリカ軍が日本本土上陸を狙うための拠点確保として、沖縄本島に上陸攻撃を開始しました。沖縄中部の読谷(よみたん)村の沖は、コバルトブルーの海が真っ黒になるほど軍艦が押し寄せ、沿岸に一斉砲撃をくわえた後、総勢力数十万人のアメリカ軍が上陸をしてきました。

兵力兵器ともに圧倒的に遅れをとっていた背水の陣の日本軍はみるみる間に敵の南下を許して、首里城の本陣を陥落されます。ここで降伏していたら、すでに出ていた大損害や大量の犠牲者をせめてここで止める事ができたのでしょうが。悲しいかな、当時の日本大陣営の指令は、全員玉砕の限界まで抵抗し、少しでも日本本土へのアメリカ進軍を引き延ばす事でした。

そのため、軍部はさらに沖縄南部の糸満の地へ引き下がり、最後の抗戦を行いました。この糸満へは、沖縄全体から民間人が避難しており、結果大勢の非軍人が無念のうちに巻き込まれ、大勢が軍国教育のもとで自決を迫られました。

沖縄全体が悲惨な運命に巻き込まれましたが、なかでも南部地域はその最たる地だった訳ですね。これは絶対に風化させてはいけない歴史です。平和が訪れた現代だからこそ、我々が語り継いでいかなければならない歴史です。

実はこの四月、沖縄糸満の地を家族で訪ねてきました。沖縄陥落の最期に大勢の住民が飛び降り自決をしたという、糸満最南端の断崖の海岸。そしてその周囲にある平和祈念公園もこの目で見てきました。美しい緑と海の青をもって迫ってくる絶景はとても印象的で、とても悲惨な過去が存在するなんて信じられないほどでした。

沖縄を訪れた理由のひとつは、この糸満に真言宗豊山派の唯一の沖縄寺院、長谷寺さんがお在りになり、こちらを訪れることでした。

ご住職の岡田弘隆先生は、元々東京でご住職と弁護士をされていて、七年前、観音様のお告げを受け、この戦争慰霊のために糸満の地に観音様を造立、長谷寺をお造りになられたのです。

さらにこちらの副住職は、私の修業時代の同期生というご縁があり、また自分も歴史にとても興味関心があるので、ぜひ糸満に行きたかったのですね。

 

長谷寺の境内にお邪魔すると、想像していた以上に身の引き締まる思いがしました。著名な彫刻家、松本先生が手掛けた観音様は吹き抜けの本堂に光を放っておられ、しばらくは見とれてしまうようなお姿をしていました。窓からみえる境内には南国の色鮮やかな花々が咲き乱れ、本堂には南国特有の湿度をもって風が心地よく流れ込んできていました。

また長谷寺さんの素晴らしさはその御本尊だけではなく、糸満の地域に密着し、ありのまますべてを地域の皆さんに解放していらっしゃること。たくさんのイベントや企画が催されていたり、またそのお手伝いをされているそうで、住職、副住職の生活スペースであるキッチンリビングすら、地域の方の会合所になっているそうでびっくりしました。

個人的には沖縄慰霊訪問の意味合いと併せ、長谷寺の岡田先生から学ばせていただいた事が数多くありました。この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

 

また、沖縄に訪れる機会がおありの方は、是非、糸満市に足を伸ばしていただき、長谷寺さんにも御参拝ください。

沖縄で一番心が洗われる、そんな名刹であられると思っております。

 

沖縄山城間院 長谷寺

沖縄県糸満市潮平1番地

TEL 098-852-3533

DATE

早いもので節分も過ぎ、どのご家庭も福をお待ちなのではないでしょうか。

街の店頭では、至る所でお雛様とお内裏様がにこやかに並んでいて、桃色一色です。春が待ち遠しいですね。

立春を過ぎると気候も穏やかになりますが、時たまやってくる余寒(春寒)はまだまだ身の締まる寒さ。今の時季の季節の挨拶も「余寒なお厳しい折」などと言います。皆様も流行り風邪にはお気をつけ下さいね。

さて、お寺のホームページとはいえ、バレンタインデーを素通りする訳にはいきませんね!

男性のみなさんは幾つになってもそわそわしておられるのでは?

キリスト教では聖人の記念日をとても大事にします。聖パトリックや聖バレンタインは我々も良く知る所です。日本ではチョコレートを送る日として聖バレンタインの記念日が有名ですが、本来の意味合いも知っておきたいですね。

同時に、仏教にご縁のある先人の記念日もたくさんあります。お釈迦様やお大師様のご誕生日などは、是非ささやかでもお祝いしたいものですね。4月8日の花祭りがお釈迦様のお誕生日。これは有名ですね。そして弘法大師様は6月15日です。全国のたくさんのお寺で誕生会が催されていますよ。

DATE

元旦の朝8:00より、当山薬師堂にて新年初護摩をお焚き致します。

護摩札加持のご要望は、年内に当山までご連絡ください。また、当日は護摩札申し込みの有無に関わらず、ふるってご参列ください。

DATE

虚空蔵菩薩ご縁日の月例護摩供養ですが、今月13日に当山内改修工事があります理由で、日時を11月20日の8:00に変更させていただきます。

なにとぞご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

 

住職 合掌

 

茨城県行方市白浜260

稲荷山 成光寺

DATE

白浜成光寺 施餓鬼会

日時:午前10時

場所:当山本堂(茨城県行方市白浜260)

ご法話:菅沢智浄僧正

DATE

瑠璃光山観音寺 施餓鬼会

日時 8月5日(日) 午前10時

場所 当山本堂

 

10:00 本堂にて23年度決算報告会

10:30 竜掛寺住職・大川隆永僧正によるご法話

11:00ころより施餓鬼会

 

壇信徒のみなさまのご参加を心よりお待ちしております。

ご不明な点は当山までお問い合わせください。

contact@kan-non-ji-itako.ne.jp